ジャパンライフ詐欺事件、いよいよ逮捕へ

磁気治療器の預託商法などを展開し約2400億円の負債を抱え破綻した「ジャパンライフ」をめぐり、警視庁や5県警の合同捜査本部は18日、詐欺容疑で創業者の元会長、山口隆祥(たかよし)容疑者(78)=東京都文京区千駄木=ら計14人を逮捕した。
捜査本部は全国の延べ約1万人から約2100億円を集めた巨大詐欺事件とみており、資金の流れなどを調べる。

ほかに逮捕されたのは、山口容疑者の娘で同社の元社長、ひろみ容疑者(48)=群馬県太田市新田上田中町=ら13人。
捜査本部は全員の認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は、同社が債務超過と知りながら、利息や元本を支払うと偽り、平成29年8~11月、顧客12人から、計約8000万円を詐取したなどとしている。

同社は昭和50年に健康器具などの製造販売業として設立。
磁気ネックレスなど100万~600万円の高額な磁気治療器を販売する一方、購入商品を別の顧客に貸し出す「オーナー」になれば、レンタル料収入を得られ、6%程度の利息を上乗せして返還する「レンタルオーナー制度」という預託商法を展開していた。

被害対策弁護団などによると顧客から約2千億円を集めたが、レンタルされるはずの製品は8割程度が実在していなかった。

消費者庁は平成28以降、計4回にわたり一部業務停止命令を出しマルチ商法と認定。
民間信用調査機関によると、29年3月末時点の負債は総額2405億円で、30年3月に東京地裁が破産手続きを開始した時点の保有資産は4億円ほどだった。

合同捜査本部は31年、特定商取引法違反(事実の不告知)容疑で元会長宅などを家宅捜索していた。

巨額詐欺事件で、主力商品のベルトに使っていた磁石は原価が一つ30円程度だったことが21日、関係者らへの取材で分かった。
元会長の山口隆祥容疑者(78)らは顧客に「レアメタル(希少金属)」「一つ2千~4千円」などと虚偽の説明をして、1500個使っているとするベルトを磁石の原価の100倍以上となる600万円などで販売していた。
警視庁などの合同捜査本部は、元手の掛かっていない商品を価値が高いと見せかけて、顧客に高額の出資をさせていたとみて調べている。