ニッサン フェアレディZ 12年ぶりの新型登場

日本時間9月16日午前9時半にスタートした新型日産フェアレディZの発表会は、今年で33回目の開催となる全米最大のユーザーイベント「ZCON2020」会場(テネシー州ナッシュビル)と中継をつないでおこなわれました。

なぜ、アメリカなのか?


米のZ専門メディア運営者は大絶賛

「過去のアイコニックなZのデザインからインスピレーションを受けており、それによって作られたとても美しいデザインです」

「サイドのライン、エンブレム、ボンネットの隆起などみんな大好きな初代Zのシルエットそのままと言ってもいいですね」

「そしてリアのデザインは未来的でありながら、Z32(300ZX)のデザインがうまく融合されていいます」

「アメリカには多くの初代Zファンがいますが、多くはこの新しいデザインに気持ちが奮い立つでしょう」

「新型Zのデザインには初代Zの要素が多くみられつつも、必要不可欠であるモダンで未来的な要素も取り入れられています」

「過去のデザインを取り入れながらも古臭さを感じない。これからの日産デザインを象徴してます」

「そして何よりも魅力的なのはMT車の設定があること。事前に情報は出ていたがこれが発表された時、ZCON会場に集まったZオーナーたちは、みんな大興奮でした!」

「ヘッドライトを付けてクラクションを鳴らして祝っていたよ!」


熱狂的なファン、やや厳しい意見も?

10台以上のZを乗り継いできたクルーズ・レコマンタさんは、現在71年型の240Zを所有している。
彼は、新型Zをどう見ただろうか?

 


240Z

「240Zはわたしの好きなJDMカーの1つです。日産がZのブランドを存続させようとしていることには非常に期待していますね」

「わたしの個人的な感想では、もう少しロードスター的なロングノーズだったらよかったと思ういます。またテールライトやZのエンブレムが最新のマスタングに似ている……」

「昔からのZファンは、新しいZのために古いZを手放すことはないでしょう」

「新型Zの見た目は、スープラのようにロングノーズ&ショートデッキのようになるべきでした」

「いっぽうZがスープラに優っていることがあります。それはマニュアル車を用意したことだです」


SNSに投稿した米の日本車ファンは

「EV電動化にシフトしている中で、ガソリンエンジンのスポーツカーが出ることは非常に喜ばしい!」

「Z33、Z34とさらに大きくなってずんぐりむっくりしたデザインになった。新型Zは初代の流れをくんでいる」

コンパクトで美しいボディに400Rのエンジン? だとしたらこれは期待できるぞ!」

「JDMファンからしたら、欧州メーカーの血が入ってない、ピュアな日本のスポーツカー最高!」

「カスタム、チューニングする楽しさが十分に残されている。
ロケットバニーのエアロが楽しみ!もう、ミウラ(ロケバニのデザイナー)さんはデザインを始めてるんだろうな!」

「初代Zがもっていた、クラシカルなシルエットに戻るのはとてもうれしい。絶対に楽しいクルマになるはずだ」

「新型Zは海外のクルマ好きが日本製スポーツカーに求める魅力をすべて凝縮したようなクルマだ」

このように賛否両論の新型Zですが、日産の巻き返しに繋がればいいですね。