「ドコモ口座」事件とは?

ドコモ口座

NTTドコモが提供する「ドコモ口座」を不正に利用し、他人の銀行口座からお金を引き出す事件が相次ぎ、大きな問題となっている。

これは、ドコモが金融・決済事業を拡大したいがためにセキュリティの甘さを見過ごしたことが主因と捉える向きが多いようだが、実際は銀行側のセキュリティ認識の甘さも大きく影響しており、2社にまたがる隙を悪用した巧妙な手口で、スマートフォン金融・決済に新たな課題を突き付けたといえる。

この問題は、地方銀行を中心としたいくつかの銀行の口座において、ドコモのバーチャルウォレットサービス「ドコモ口座」を経由し、第三者に不正に預金が引き出されてしまうというもの。

一連の問題を振り返ると、9月初頭に七十七銀行や中国銀行など複数の地方銀行の口座で、ドコモ口座を通じて不正に預金が引き出されているとの報告が相次いだ。
しかも、被害に遭った人は、ドコモ口座を持っていないにもかかわらず、自身の預金口座からドコモ口座へと不正に出金されていたことで一層の驚きをもたらした。

この事態を受け、不正が報告された銀行は相次いでドコモ口座への口座振替を停止。
ドコモも9月10日に、ドコモ口座における銀行口座の新規登録を当面停止した。
同社によると、同日時点で被害件数は66件、被害総額は約1800万円に達しており、被害のあった銀行も11行に及ぶとのことだが、調査が進めば被害が増える可能性もあるようだ。
実際、10日以降には被害件数がさらに増えている(14日時点で120件、2542万円に増加したと発表)。

そして同日、ドコモはこの問題に関して謝罪会見を開いた。
同社の説明によると、不正が発生した要因の1つはドコモ口座を開設する際に本人確認の必要がなく、メールアドレスのみで開設できることにあったという。

【解説動画】

悲しい事に、この事件に便乗した新たな詐欺事件が発生しています。

【参考動画】

考えたくはありませんが、コロナ不況の中、「背に腹は代えられない」と、詐欺事件はどんどん増えてくのではないかと思います。

最近は不審なメールが増えていたり、いわゆる「おいしい話」が以前より増して増えていると実感します。

本当に儲かる話を他人に教えて回るバカは絶対にいません。

皆さんも、どうかこの言葉を肝に命じてください。